1999年式 NSXタイプS・Zero

1999年式 NSXタイプS・Zero

色 インディーイエローパール
車両重量 1270キロ
AC,CSノーマルからレス

走行2.7万キロ(実走行 80%サーキット)、エアコン、カーステレオ新車から無し。このNSXは、私が19年前に新車で購入しましたNSXタイプS zeroですが、実はこのS zeroは2台目となります。1台目のS zeroは、フェニックブルーカスタムプランでオーダーでしたが、なんと納車1カ月(走行1000キロほど)で全損の事故をしてしまいました。
このZERO Force ZEROの方向性は、ご覧の通り、エンジンノーマルでどこまで出来るかを、キャッチフレーズに、サーキットアタックを、19年前と変わらず、これからもサーキットアタックデモカーとしていきます。


ここ数年、デモカーが多くなりサーキットを走らせる事が極端に減りましたが、私自身の個人でやりたい事、またお店の立場として、やりたい事の狭間にある位置を、更に皆様が見たい目線で走らせますのでご期待下さい。
今から14年前の2004年には、筑波サーキットタイムアタックでは、NSXのエンジンノーマルとしては、筑波初の59秒9台をドライバー酒井氏が記録して頂きました。
この時点で、300馬力そこそこのNSXが、GTRや、RX7と言う大パワーと匹敵する実力を証明致しました。その後、ボディーをカーボンZERO Force(ウェット)から、ZERO Forceと更にボディをワイドにフルモデルチェンジを行いました(グリーン色、または、白黄色カラー)。
また7年前の2011年には、ルートKSが鈴鹿ツインサーキットを1日貸し借りNSXだけの大走行会を開催させて頂きましたが、その時のエントリー台数が、NSXだけにも関わらず、112台のNSXが全国から集結して頂きました。まさに、NSX裏フェスタと囁かれた1日でした。

その後、2015年には、ビデオホットバージョンでの、土屋圭市氏による日光タイムアタックから、ビデオ企画の筑波チャレンジ、またはツインリンクもてぎでの、レースも参加させて頂きました。
2017年に、待望のZERO Force ZEROを発売。このボディーキットは、NSXで、サーキットアタックをされるオーナー様だけに販売を可能としています、全身フルドライカーボンキットです。

車両重量 1050キロ

  • ルートKS製 ZERO FORCE ZERO フルドライカーボンエアロKIT
  • ルートKS製 ドライカーボン製 タイプR風ボンネット
  • ルートKS製 ドライカーボン製 純正タイプドア
  • ルートKS製 ドライカーボン製 純正タイプトランク
  • ルートKS製 ドライカーボン製 Bピラー
  • ルートKS製 ドライカーボン製 リアガーニッシュ
  • ルートKS製 ウェットカーボン製 GTダクト
  • ルートKS製 ウェットカーボン製 GTミラーカバー
  • ルートKS製 オリジナルタコ足&ストレートパイプ(ステンレス製)
  • ルートKS製 チタン製ストレートマフラー メイン60パイ 出口130パイ
  • ルートKS製 フロントタワーバー アルミ製
  • ルートKS製 フロント牽引フック
  • ルートKS製 アクリルウインド
  • リトモ製 アルミラジエター
  • ボンネットエアシュラウド
  • クァンタムCR改車高調 ハイパコバネ 18,18キロ
  • ブレンボ製 前後キャリパー&ローター
  • ワーク製ホイール イクサ 17.18インチ特徴サイズ
  • タイヤ アドバン050
  • 245-40-17 295-30-18
  • HKS製F-CONエスプリセッティング
  • OS製 デフ&ファイナル4.4
  • 斎藤ロールゲージレース認定用
  • RECARO SPG ブラック
  • スパルコステアリング
  • 無限製シフトノブ
  • TAKATA製4点ベルト
  • 純正新型固定ライト(ハロゲン) ブラック仕様
  • 純正新型リアテール
  • エンジンノーマル 330馬力

イラスト


このページの先頭へ