DK可変バルブハイパーマフラー(ドリキンNSX-Rも装着のDKシリーズマフラー)NA1、NA2専用品

DK可変バルブハイパーマフラー

絶賛発売中 ¥298,000〜

2004年発売以来大人気のDKマフラーシリーズ。
今年8月にはDK可変バルブハイパーマフラーが追加となりました。
最大の特徴は付属の手元のリモコンで音量とパワーの変化を楽しめる事を可能に致しました。
しかし音質だけでは無く、パワーUPも同時に実現致しました。

  • 弊社NSX-Rフルノーマル280馬力が、このマフラー交換後、304馬力を実測で計測致しました。
    マフラー以外、何も交換していません(タコ足もNA1のまま、触パイのそのまま、CPもそのままです。)
  • またこのマフラーのみ交換で筑波でのアタックタイム1分4秒8を記録致しました。
    ラジアルタイヤ アドバンA052
  • ご存じドリキンNSX-Rも2017年よりこのDKマフラーが装備しまして筑波タイムも過去最高タイムを記録致しました。(1分3秒015)
    ラジアル タイヤRE-05D

本物のプロが選んだDKマフラーです。



               

ドリキン(土屋圭市氏)NSX-Rに装着しているブランドDKシリーズマフラーの頂点の可変式バルブハイパーマフラー

2016年12月、2017年4月に筑波、群馬サイクルセンターでのTime更新も致しました。

各サーキットでのテスト結果が出ているDKマフラーシリーズ

筑波サーキット、鈴鹿サーキット、群馬サイクルセンター

2004年に発売して早13年目に入る長年愛されているDKマフラー

出口の形状パターンが5種類の中からご選択して頂けるようになりました。

ステンレス製品 NA1用 ¥298,000(税別) NA2用 ¥338,000(税別) 専用ガスケット付き

左右出口パイプは画像の2種類からの選択となります(無料選択)

ステンレス100mm

ステンレス100mm

ステンレス100mm

出口の固定位置ですがこちらは約50mmほどのスライド量を確保しております。ご自分のお好きな位置での取り付けを実現致しました。

 

ダブル60mm×2 合計4本出口

ダブル60mm×2

ダブル60mm×2

出口の固定位置ですがこちらは約50mmほどのスライド量を確保しております。ご自分のお好きな位置での取り付けを実現致しました。


OPで3種の出口を選択

純正02R100mm 左右SET ¥35,000(税別)UP

NA1用 ¥333,000(税別) NA2用 ¥373,000(税別)

こちらのテールエンド位置はほぼ純正02Rと同じ位置を実現しておりますので見た目は02R風になります。

純正02R100mm

 

純正02R100mm


チタンカール製100mm 左右SET ¥40,000(税別)UP

NA1用 ¥338,000(税別) NA2用 ¥378,000(税別)

出口の固定位置ですがこちらは約50mmほどのスライド量を確保しております。ご自分のお好きな位置での取り付けを実現致しました。

チタンカール製100mm

 

チタンカール製100mm


ブラックカーボン100-80mm 左右SET ¥55,000(税別)UP

NA1用 ¥353,000(税別) NA2用 ¥393,000(税別)

出口の固定位置ですがこちらは約50mmほどのスライド量を確保しております。ご自分のお好きな位置での取り付けを実現致しました。

ブラックカーボン100-80mm

 

ブラックカーボン100-80mm


取り付けには配線の切除や加工等は一切無く完全にボルトONとなります。

この内容で¥20万台を実現致しました。

ノーマルの280馬力から24馬力UPの304馬力を実現しています。

弊社実パワーチェックにてマフラー以外フルノーマルです。

弊社テスト車両1993年式typeR ノーマル280馬力

DK可変ハイパーマフラー交換後 実測304馬力を実現

パワーチェック表

ノーマルマフラーよりステンレス製では約8キロ減となります。

マフラー単体重量(ステンレス製) 約12キロ

参考比較重量

NSX純正ノーマルマフラー重量

NSX純正ノーマルマフラーがご覧のように、
重量(20.025kg

 

DK可変バルブハイパーマフラー(ステンレス製)重量

今回のDK可変バルブハイパーマフラー(ステンレス製)重量(11.880kg

パワーUPも伴いまして約8kg軽量化にもなります。

製品情報

1990年〜2005年
NSX(NA1, 2)専用DK可変バルブハイパーマフラー

リモコン2個、本体ユニット、配線1式、ガスケット付き

ステンレス製品

NA1用 ¥298,000(税別)
NA2用 ¥338,000(税別)

出口は 標準 ステンレス製100mm OR 60mm×ダブル
どちらか無料選択可能です。

OPで3種の出口を選択可能としております。

  • 純正02Rカッター左右 3.5万(税別)UP
  • チタンカール製 100mm 左右 ¥4万(税別)UP
  • ドライカーボン製 100-80mm 左右 ¥5.5万(税別)UP

チタン製品

2018年発売予定


対応車種

NSX(NA1, NA2)全車対応
1990年9月から2005年12月

今回のDK可変ハイパーマフラーにはマフラー出口の選択が御座いますが
各選択される、テールエンド(5種)によりバンパーからの出具合の調整が可能としております。

可変バルブハイパーマフラー フルシステム (NA1, 2)詳細

メインmmプ 50mmーー70mmーー50mm 出口50mm
バルブ集合部分70mm ダブルサイレンサー110mm長さ400mm

何度となく製作しては走らせ、またはパワーチェックを行い、延べ7回の試作マフラーを経て
今回のDK可変マフラーが登場致しましたので是非このマフラーだけでのパワーUPと音質をお楽しみください。

弊社テスト比較

バルブOFF時の音量測定

バルブOFF時の音量測定

 

バルブON時の音量測定

バルブON時の音量測定

詳しくはこちらの動画よりご参考下さい。


マフラー音量 測定方法

近接排気騒音値の測定方法知ってますか?
騒音に関しては、本来、排気騒音は、「近接排気騒音」「加速走行騒音」「定常走行騒音」の3種類が定められていますが、通常、継続検査時は「近接排気騒音」しか計りません。
以下に近接排気騒音の測定方法の概略を紹介します。

車両・測定マフラーとも十分に暖気した後、停車状態で、ニュートラルギア位置にて
最高出力回転数の75%の回転数までエンジンを回した状態を一定時間(一般的に5秒以上)保持し、急激にアクセルを離したときの最大音量値を測定します。
マイクロフォンは下記のように、マフラー端から45度後方の同じ高さで距離0.5mに設置します。
試験場所は、屋外の出来るだけ周囲からの反射音の影響を受けない平坦舗装路とし、天候は路面が乾燥している状態をたもてる、風速5メーター以下の条件で行います。規制値は最近の乗用車(平成10年規制車)では96デシベル以下(後部エンジン車は100デシベル以下)になるよう規制されています。
(騒音計の設定は周波数補正がA特性、動特性をFASTとして測定します。)

今回このDK可変ハイパーマフラーの試聴は上の動画から可能ですが
より本物の音質をお聞きになられたい方はご予約を頂きましたら
弊社デモカーを常時用意しまして実際の音質をお聞きになって頂けますので是非お気軽にお問い合わせ下さい。

実際の空ぶかし音から走行音まですべてご確認して頂けます。


         

お問い合わせ

↓↓↓ DKシリーズご購入の場合はこちら 鈴鹿GT.NETヘ ↓↓↓
鈴鹿GT.NET
※DK可変バルブハイパーマフラーはただいま準備中です