NSXの歴史

NSXの歴史
1898.02
シカゴショーでプロトタイプNS-Xを発表。
1989.10
東京モーターショーにNS-X出展。
1990.08
アメリカでアキュラNSX販売開始。
1990.09
NSX日本販売開始。世界初のアルミ製モノコックボディの本格ミッドシップスポーツカー誕生。
1992.01
カスタムオーダープラン採用。内装や専用外装色を選べるように。
1992.11
タイプR発表。装備を外して徹底的な軽量化を図り、大幅な性能の向上を達成。
1993.02
パワーステアリング採用。助手席SRSエアバッグなど、マイナーモデルチェンジで装備を充実。
1994.02
前16、後17インチタイヤ、強化ブレーキバッド採用のマイナーモデルチェンジ。
1995.03
着脱式オープントップモデル、タイプT(タルガトップモデル)登場。
1995.09
タイプR受注終了
1997.02
スポーツ指向を高めたタイプS、タイプS・ZERO追加。MT車3.2L追加。
1999.09
低排出ガス化、LEVエンジン採用など、環境・安全性能の進化。
2001.12
外観デザイン一新。リトラクタブルから固定ライトに。
2002.05
タイプRが7年ぶりに復活。
2003.10
イモビライザーを標準装備化。
2005.02
タイプR GT発表
2005.07
NSX生産終了。本格スポーツモデルとして人気を博してきたNSXの生産は15年で終了。

NSX復活へ

2012.01
北米国際自動車ショーにて、NSXコンセプトを出展。
2013.08
NSXプロトタイプ公開。デモ走行が行われた。
2014.XX
スーパーGT、NSX-GT復活!?

           


次期NSXのためのNEWブランド ONE SCENE US
ONE SCENE US ワンシーン